「即買いした」「季節が来たね」激うま【カップヌードル】が発売に

カップヌードル レッドシーフードヌードルの麺 グルメ

夏に食べたいものといえば、ひんやり冷たいものや酸味のきいたさっぱりとしたものなどが挙げられると思いますが、ほかにも“旨辛”系も外せませんよね。今年も「カップヌードル」の人気商品が登場したのでチェックしましょう。

夏の定番「カップヌードル レッドシーフードヌードル」

日清食品は2024年7月1日(月)に、「カップヌードル レッドシーフードヌードル」(筆者購入価格:税込149円)を全国で発売しました。

カップヌードル レッドシーフードヌードル
赤とオレンジのグラデーションカラーが最高

「カップヌードル レッドシーフードヌードル」は、ポークと魚介の旨みをきかせたシーフードスープに、唐辛子と粗挽き黒胡椒でアクセントを加えた“辛うま”な味わいが特長で、「カップヌードル」の夏の定番商品となっています。

辛さレベル2
「辛さレベル」は2だから激辛系ではないかも

1食(75g)当たりの熱量は352kcal、たんぱく質8.9g、脂質15.9g、炭水化物43.2g、食塩相当量4.6g(めん・かやく2.1g、スープ2.5g)です。

スポンサーリンク

今年はシーフードトリオ

ちなみに「カップヌードル シーフードヌードル」は、今年で発売40周年となり、今回は“シーフードトリオ”として、「カップヌードル レッドシーフードヌードル」のほかに、「日清のどん兵衛 カップヌードルシーフードうどん」と「日清焼そばU.F.O. カップヌードルシーフード焼そば」もラインアップされています。

辛みと旨みを楽しめる「カップヌードル レッドシーフードヌードル」

調理方法は、ふたを半分まではがし、熱湯をカップの中に注いで3分待つだけでOKです。

熱湯を注ぐ前の状態
熱湯を注ぐ前はこんな感じ

定番の「カップヌードル シーフードヌードル」は、白っぽい見た目ですが、同商品は赤くて見るからに辛そうな見た目ですね。

熱湯を3分待ったものがこちら
熱湯を注いで3分待ったものがこちら
完成品のアップ
具材はイカ、キャベツ、たまご、カニ風味かまぼこ、ネギの5種類
スポンサーリンク

「カップヌードル シーフードヌードル」がベースになっているので、スープはコクがあって魚介の旨みがきいています。でも、唐辛子と粗挽き黒胡椒も使われているから、ピリッとした辛みもあってまさに“辛うま”な味わいです。筆者は発売されると必ず食べているのですが、今年も文句なしのおいしさに仕上がっていますよ。

カップヌードル レッドシーフードヌードルの麺
つるみのあるしなやかな麺もおいしい

ネット上の反応は?

同商品に関するネット上の反応を見てみると、「即買いした」や「季節が来たね」「今年も買った」「一番好き」「辛くておいしい」「復活嬉しい」などのような声があがっています。

最後に

辛みのある商品ではありますが、「カップヌードル 辛麺」(辛さレベル4)ほどの辛さはないので、辛いものがあまり得意ではない方でも食べやすいかもしれません(辛いものがまったくダメな方にはおすすめしません)。

「カップヌードル レッドシーフードヌードル」のファンのみなさんは、忘れずにチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

※掲載している情報は記事制作時のもので、現在の情報とは異なる場合があります

グルメ
シェアする
この記事を書いた人
奈古善晴

約10年間車屋に勤務し、中古自動車査定士の資格を取得。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積み、現在は独立。これまでに「editeur」や「FNNプライムオンライン」「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」「R25」「&GP」など様々なメディアに寄稿。コンビニやファストフードなどを中心に、年間1000品以上の新商品レビュー記事を執筆する。