沖縄グルメランキング!200名に調査したTOP10とは

沖縄
スポンサーリンク

厳しい残暑が続いているが季節は秋。これから少しずつ気温が下がり寒くなるけれど、まだ夏を終えたくないという方は少なくないのでは? 少しでも南国気分を味わうために、沖縄グルメについて調査してみた。

男女200名にアンケート調査を実施

オルメカは、沖縄が好きな20~60代の男性100名、女性100名、計200名にアンケート調査(※1)を実施した。好きな沖縄グルメを回答してもらったのでランキング形式で紹介しよう。

好きな沖縄グルメランキング(複数回答)

ではさっそく200名の回答をまとめた全体ランキングをチェック!

1位:沖縄そば(35.0%)

2位:サーターアンダギー(31.0%)

3位:ちんすこう(28.5%)

4位:チャンプルー(26.5%)

5位:海ぶどう(24.0%)

5位:ステーキ(24.0%)

7位:もずく(20.5%)

8位:タコライス(19.0%)

9位:タコス(17.5%)

10位:沖縄のフルーツ(15.5%)

1位に輝いたのは、やはりとも言うべきか「沖縄そば」がランクイン。ソーキやテビチ、ゆし豆腐などさまざまな具材がトッピングされたそば(むしろ「すば」と言うべきか)は、沖縄に行ったらとりあえず食べたいグルメのひとつではないだろうか。沖縄のそばには、ソーキそばやてびちそば、宮古そば、八重山そばなど種類が多いため、本調査ではすべてを「沖縄そば」としてカウントした。

沖縄そば
沖縄そばは種類豊富で奥が深い

2位は「サーターアンダギー」。沖縄の揚げ菓子で、ドーナツのようなもの。プレーンタイプはもちろんのこと、紅芋や黒糖、かぼちゃなど、さまざまフレーバーがあり、それぞれに違ったおいしさが楽しめるのが特長のひとつだ。素朴な味わいは、何個でも食べられそうな魅力がある。

サーターアンダギー
サーターアンダギーはシンプルで飽きのこない味

3位は沖縄土産の“ド”定番である「ちんすこう」。ネット上では、“もらっても嬉しくないお土産”として紹介されることもあるちんすこうだが、意外と好きな人は多いようだ。ちなみに筆者のおすすめは、南風堂の「雪塩ちんすこう」。宮古島の地下海水を汲み上げて精製された「雪塩」を使用したちんすこうは、上品な甘みとほどよい塩味が楽しめる。

ちんすこう
まさかの3位にランクイン。沖縄土産はちんすこうで決まり?

4位は「チャンプルー」。1位の沖縄そば同様に、沖縄の代表的な料理のひとつだ。野菜や豆腐、卵、肉などを炒めるチャンプルーには、ゴーヤーや麩、ソーミン、ナーベラーなど種類も多く、多くの人から支持された。

チャンプルー
ゴーヤーチャンプルーもよいけれど、ナーベラー(ヘチマ)も推したい

5位は「海ぶどう」と「ステーキ」。両極端すぎる2品が5位となった。沖縄ならではの海ぶどうはプチプチとした食感が楽しい海藻。一方でステーキはそのまんま肉。沖縄にはステーキ店が多数あるため、旅行期間中に1回くらいは食べておくという人が少なくないのかも?

海ぶどう
プチプチとした食感とほどよい塩味がたまらない

男性編:好きな沖縄グルメランキング(複数回答)

次は男性100名に絞ったランキングを見てみよう。

1位:沖縄そば(35.0%)

2位:ステーキ(34.0%)

3位:チャンプルー(22.0%)

4位:ちんすこう(21.0%)

5位:サーターアンダギー(19.0%)

6位:海ぶどう(17.0%)

7位:タコライス(15.0%)

8位:もずく(14.0%)

8位:タコス(14.0%)

10位:天ぷら(12.0%)

1位の「沖縄そば」はそのままだが、「ちんすこう」や「サーターアンダギー」のような甘いお菓子はランクダウン。一方で5位だった「ステーキ」が2位に上昇している。沖縄に行ったらがっつり肉に食らいつきたいという男性は多いようだ。

10位には、全体ランキングでは圏外となった「天ぷら」が入っている。沖縄の天ぷらは、しっかりと味付けされた分厚い衣が特徴。道の駅などでも低価格で販売されているため、気軽に楽しめる沖縄グルメのひとつだろう。

女性編:好きな沖縄グルメランキング(複数回答)

最後は女性100名に絞ったランキングを紹介する。

1位:サーターアンダギー(43.0%)

2位:ちんすこう(36.0%)

3位:沖縄そば(35.0%)

4位:チャンプルー(31.0%)

4位:海ぶどう(31.0%)

6位:もずく(27.0%)

7位:タコライス(23.0%)

8位:沖縄のフルーツ(22.0%)

9位:タコス(21.0%)

10位:人参シリシリー(16.0%)

1位2位は「サーターアンダギー」と「ちんすこう」に。「沖縄そば」よりも甘いお菓子が上位となった。とくにサーターアンダギーは4割以上の女性が選んでおり、人気の高さがうかがえる。

8位には「沖縄のフルーツ」がランクイン。マンゴーやパイナップル、パッションフルーツなど、沖縄には魅力的なフルーツが数多くある。22.0%の女性から支持されているが、男性は9.0%で圏外となっていた。

また、10位には「人参シリシリー」も入っている。こちらも女性は16.0%に対し男性は4.0%と低め。人参と卵を炒めた同料理は、人参の甘さが楽しめる一品だ。

ランク外にも魅力的なグルメはある

今回のランキングの10位以内に入ることはできなかったが、沖縄グルメには「スーチカー」(豚を塩漬けにしたもの)や「骨汁」(沖縄そばなどの出汁をとるときに使った豚の肉付き骨を野菜などと煮込んだもの)、「ジューシー」(豚の出汁を使用した沖縄の炊き込みご飯)など、おいしい料理がまだまだある。

王道の沖縄料理も楽しいけれど、一歩踏み込んでまだ食べたことがない料理に挑戦すれば、新しい味に出合えるかもしれない。

(※1)2023年9月6日にクロス・マーケティング QiQUMOを利用した調査

沖縄
シェアする
この記事を書いた人
奈古善晴/オルメカ

約10年間車屋に勤務。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積み、現在は独立。これまでに「ママテナ」や「FNNプライムオンライン」「editeur」「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」「R25」「&GP」など、さまざまなメディアに寄稿。

OLMECA