「ハマっちゃいそう」【セブン】108円の「チョコっとグミ沖縄県産マンゴー味」が話題に

グルメ
スポンサーリンク

日本の南国・沖縄に行くと、シークヮーサーやドラゴンフルーツ、パッションフルーツなど様々なフルーツに出合うことができる。どれも南国感あふれる魅力的なフルーツだが、そのなかでもとくに人気が高いものといえばマンゴーだろう。フレッシュでジューシーなマンゴーを食べられればベストかもしれないが、実際はなかなか難しい……。そこでここでは、身近な存在のセブン-イレブンで購入できる、沖縄県産マンゴーを使用したチョコレート菓子に注目したい。

「7プレミアム チョコっとグミ 沖縄県産マンゴー味」

セブン-イレブンは2024年4月2日(火)に、「7プレミアム チョコっとグミ 沖縄県産マンゴー味」(税込108円)を発売した。
全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルで販売中

パッケージには”クーベルチュールチョコレートでマンゴーグミをつつみました”と書かれている

この商品は、沖縄県産マンゴー味のグミをミルクチョコレートで包んだもの。台風により規格外となった沖縄県産のマンゴー果汁を使用した、サステナブルな商品となっている。

さらに、商品パッケージには、カカオ生産者の繁栄に焦点を当て、子どもたちと自然を保護し、自立した生産者コミュニティの構築を支援する、成果重視型のプログラムである「Cocoa HORIZONS(ココアホライズン」のロゴもある。

わずか108円で買えるコンビニ商品だが、SDGsや環境に配慮したチョコレート菓子のようだ。

スポンサーリンク

甘くてフルーティーな味わいが楽しめるグミ

開封し、中身をすべて出してみる。筆者が購入した商品の中には、ひとくちサイズのチョコが11個入っていた。

食べやすそうなサイズ感だ

丸くてころんとしたチョコは、表面がつるつるとしているため、素手でつまんでも指先にチョコがつくことはない。

艶があるチョコ

半分にカットすると、中からグミが出てくる。

チョココーティングはけっこう厚みがあるかも?

最初に感じるのは「チョコの甘み」と書きたいところだが、実際はマンゴーの香りが先だ。パッケージを開封した瞬間からマンゴーの華やかな香りが広がる。

口に入れて噛むと、チョココーティングがほろりと崩れ、ミルクチョコレートのまろやかな味わいが感じられ、そのあとにマンゴーグミのフルーティーでさっぱりとした風味を楽しめる仕立てに。チョコの甘みとマンゴーのほのかな酸味が絶妙にマッチしており、かなりうまかった。

スポンサーリンク

SNS上の反応は?

「7プレミアム チョコっとグミ 沖縄県産マンゴー味」に関するSNS上の反応をチェックすると、「チョコっとグミのマンゴーめちゃめちゃ美味かった」や「ハマっちゃいそう」「うますぎて秒で消える」「そもそもチョコ部分がうまい」「開けた瞬間の香りがおいしい」など、様々な声があがって話題となっている。

栄養成分

1袋(30g)当たりの熱量は141kcal、たんぱく質2.6g、脂質6.6g、炭水化物18.1g(糖質17.5g、食物繊維0.6g)、食塩相当量0.03g。

仕事や家事の合間のリフレッシュに

本商品は手を汚さずに手軽につまめるから、仕事や家事の合間のリフレッシュにも最適だろう。忙しくて疲労が溜まったカラダにマンゴーの香りが染み渡り、一瞬で沖縄気分になれるかもしれない。

グルメ沖縄
シェアする
この記事を書いた人
合田浜夫

約10年間車屋に勤務し、中古自動車査定士の資格を取得。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積み、現在は独立。これまでに「editeur」や「FNNプライムオンライン」「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」「R25」「&GP」など様々なメディアに寄稿。コンビニやファストフードなどを中心に、年間1000品以上の新商品レビュー記事を執筆する。