セブン「ななチキレッド」の【アレンジレシピ2選】簡単なのにバカうまい

グルメ
スポンサーリンク

コンビニ・レジ横の誘惑”ホットスナック”。フランクフルトやアメリカンドッグ、焼き鳥、コロッケなど、魅力的な商品が数多く並んでいるため、買うつもりなんてまったくなかったのに、つい買ってしまうことがあるはずだ。そこでここでは、セブン-イレブンの人気商品「ななチキレッド」に注目。簡単でうますぎるアレンジレシピを紹介したい。

セブンの「ななチキレッド」

セブン-イレブンの「ななチキレッド」は、これまでに何度も発売されている人気ホットスナックのひとつ。ザクザクとした衣の食感と、唐辛子とガーリックの風味がきいた、辛みのあるフライドチキンだ。

みるからにザクザクしていそうな衣がGOOD

最近だと、2024年4月9日(火)に全国のセブン-イレブンで、税込250円で発売されている。

栄養成分

「ななチキレッド」の1個当たりの熱量は195kcal、たんぱく質12.2g、脂質12.0g、炭水化物9.9g(糖質9.2g、食物繊維0.7g)、食塩相当量1.4g。揚げ物だが熱量は200kcal以下。思ったよりもカロリーは低めかもしれない。

「ななチキレッド」をサラダにトッピングしたい

辛みと旨みが特長の「ななチキレッド」はそのまま食べても十分すぎるほどのおいしさではあるが、今回はアレンジレシピの材料にしようと思う。

食パンやバゲットに挟んでサンドイッチにしたり、米と一緒に炊飯器に入れて炊いたり、チーズをかけてトースターで焼いたり、いろんなアレンジの仕方はあると思うが、今回はサラダにトッピングしたい。

スポンサーリンク

材料

  • 「ななチキレッド」…2個
  • ミックスサラダ…1袋
  • ミニトマト…6個程度
  • きゅうり…1/2本
  • 卵…1個
  • ブラックオリーブ(スライス)…適量
  • 「バターミルクランチドレッシング」…適量
キユーピーの「バターミルクランチドレッシング」はアメリカの定番ドレッシング「ランチドレッシング」をイメージしたもの
ドレッシングの中には何かが入っている……何?

レシピ

  1. ゆで卵を作る(今回は水の中に卵を入れて、12~15分程度ゆでて固ゆでにした)
  2. 「ななチキレッド」をトースターで温め、衣をカリッと仕上げる
  3. きゅうりを乱切り、ミニトマトを半分に切り、ゆで卵と「ななチキレッド」を食べやすいサイズにカットする
  4. お皿にミックスサラダを入れ、他の材料をすべてトッピングする
  5. 「バターミルクランチドレッシング」をたっぷりかけたら完成
ドレッシングをかける前の状態
ブラックオリーブはキユーピーの「サラダクラブ ブラックオリーブ(スライス)」を使用した
ゆで卵スライサーがあれば、もっときれいで華やかな仕上がりになるだろう
「ななチキレッド」は6等分にカットした
スポンサーリンク

辛いチキンとクリーミーなドレッシングがたまらない

しっかりとした辛みとガーリックの風味が特長の「ななチキレッド」には、クリーミーなドレッシングがマッチする。アメリカの定番ドレッシング「ランチドレッシング」を使いたいところだが、よさそうな商品をゲットできず、今回はキユーピーの「バターミルクランチドレッシング」を選んだ。

このドレッシングはディップソースとしても使えるスグレモノ

たまねぎとガーリックの旨みやバターミルクのコクと風味がきいたドレッシングは、ほんのり甘くてクリーミーな味わいだから、「ななチキレッド」の刺激的なうまさをまろやかに包んでくれる。

食感のよいきゅうりやフレッシュでさっぱりとしたミニトマトも良い仕事をしているが、絶対に使いたいのは味のアクセントになるブラックオリーブだ。ブラックオリーブの個性的な風味は、「ななチキレッド」とも「バターミルクランチドレッシング」ともよく合っている。

「ななチキレッド」をトースターで温めることで、衣がよりザクザクとした食感になるため、手間でも必ずやりたいところ。

今回は前述の材料でサラダにしたが、アボカドやセロリ、マッシュルーム、コーン、パプリカなどの野菜を選んでもおいしく仕上がるだろう。

肉と野菜をおいしく食べられる”ななチキレッドサラダ”はご褒美感もある。ひとり飯はもちろんのこと、おもてなし料理にも最適なはずだ。

「ななチキレッド」を「ブリトー」に入れたい

前述のアレンジレシピは、生野菜に「ななチキレッド」をトッピングするヘルシーメニューだが、2品目は「ブリトー」と組み合わせた背徳感がスゴいメニューを紹介したい。

セブン-イレブンのロングセラー商品「ブリトー」シリーズには、さまざまな種類がラインアップされているが、今回選んだ商品は「ブリトー チーズ2倍 ハム&5種チーズ」(税込399円)だ。

5種チーズ(モッツァレラ、ゴーダ、チェダー、パルメザン、サムソー)をたっぷりと使用した、ハム&チーズブリトーは、それだけでも食べごたえのある商品で人気が高い。そんなブリトーに「ななチキレッド」を入れてみよう。

材料

  • 「ななチキレッド」…1個
  • 「ブリトー チーズ2倍 ハム&5種チーズ」…1個
どちらもセブン-イレブンの商品だから簡単に手に入るはず

レシピ

  1. 「ななチキレッド」をトースターで温め、衣をカリッと仕上げる
  2. 「ブリトー チーズ2倍 ハム&5種チーズ」を電子レンジで温める(500Wなら1分30秒)
  3. 「ブリトー」を開き、中に「ななチキレッド」を入れ、包み直したら完成

温めるだけで完成するお手軽レシピの注意点は、やけど。温め終わったものはどちらも激熱で指先をやけどしそうになるので注意してほしい。

レンチン後の「ブリトー チーズ2倍 ハム&5種チーズ」。このまま食べてもうまい
完成品。凄まじいボリューム感に
スポンサーリンク

刺激的だけどまろやかな味わいに

唐辛子とガーリックがきいた「ななチキレッド」と大量チーズの「ブリトー チーズ2倍 ハム&5種チーズ」は、どちらもパンチのある商品だけに、味がまとまるのか心配かもしれないが、かなりうまい。

断面からあふれ出す肉汁とチーズがたまらない

しっかりとした辛みをチーズがまろやかに包み込み、なんとも言えないおいしさに仕上がっている。ブリトーのもちもちとした生地と「ななチキレッド」のザクザクとした食感も楽しくて◎。

食べた瞬間に、口の中で肉とチーズの旨みが爆発する、この食べ物のカロリーは600kcal超え。まさに背徳感の塊のようなモンスターブリトーだ(ちなみに、たんぱく質も34g超えとスゴい)。

スポンサーリンク
グルメ
シェアする
この記事を書いた人
合田浜夫

約10年間車屋に勤務し、中古自動車査定士の資格を取得。アートディレクターとして自社サイト・販促物の制作、広告運用などを担当。その後、編集プロダクションに転職し、編集者・ライターとしての実績を積み、現在は独立。これまでに「editeur」や「FNNプライムオンライン」「ビジどこ会員サイト」「ままのわ」「スーモジャーナル」「R25」「&GP」など様々なメディアに寄稿。コンビニやファストフードなどを中心に、年間1000品以上の新商品レビュー記事を執筆する。